地震対策、テレビ・家具の転倒防止、特許、粘着でズレ防止、耐震マット「ゆれピタチャンピオン」、洗濯機に「ぶるピタ」

耐震マットの販売、通販や地震対策のための防災グッズ販売、振動軽減グッズ、家具固定グッズなら「プロテクト」へ。業務用としての販売もおこなっています。 送料はこちらtel: 06-4306-3746 耐震マット・防災グッズのことならなんでもプロテクトへお気軽にご連絡下さい
耐震マットの販売、通販など地震対策グッズならおまかせ。株式会社プロテクトのトップページへ耐震マットの販売、通販など地震対策グッズならおまかせ。株式会社プロテクトへよくあるご質問耐震マットの販売、通販など地震対策グッズならおまかせ。株式会社プロテクトのネットショッピングページへ進む耐震マットの販売、通販など地震対策グッズならおまかせ。株式会社プロテクトの会社概要耐震マットの販売、通販など地震対策グッズならおまかせ。株式会社プロテクトへのお問い合わせ
耐震マットについて
・耐震マットとは?
・耐震マットの特徴は?
・耐震マットの貼り付け箇所と適応商品は?
・耐震マットの使用は何から優先すればよいですか?
お客様からよくある質問
・どのような物に貼り付ければよいのですか?
・剥がし方を教えて欲しいです。
・この商品は地震対策用としか使えないのですか?
・タンスの下がジュウタンや畳なのですが設置は可能ですか?
・設置後は触らない方がよいのですか?
・工事などが必要でしょうか?
・耐震マットを貼れば、震度7の地震が来ても絶対に家具は倒れないのですか?
・耐震マットは、『ドロドロに融けたり床にへばりついたりする』とか聞きますが大丈夫ですか?
耐震マットとは?
耐震マット(ゆれピタ)は、素材自身(ウレタンエラストマー)が、地震の震動の90%以上を吸収し、また、家具の下に敷くだけで強力な粘着力により、震度7クラスでも家具の転倒から守ってくれます。
耐震マットの特徴は?
耐震マットは強力な粘着力がありますが、剥してもガムテープを剥した跡のようなネバネバ感はなく、綺麗に剥せます。 また、剥した後、耐震マットについたホコリや汚れを水洗いし、乾燥させるだけで元の粘着力が戻り何度でも使用する事ができます。

【特徴1】寿命は約5年が基準ですが、使用環境や耐荷重値以上の使用状況の場合は劣化が早く進む事がありますので、マットに劣化がないか確認し場合によれば張替えをお勧めします。
【特徴2】使用環境によれば上記寿命よりも長くもつ場合も短い場合もございます。
(通常の環境であれば問題は無いです)


今までの耐震といえば、金具とボルトで留めたり、棒でつっかえたりしていましたが、見た目がよくありませんでした。
しかし、耐震マットは見た目を汚さず今まで通りのオシャレな部屋を演出することができます。
耐震マットの貼り付け箇所と適応商品は?
耐震マットは基本的に底面の4隅にはりつけます。
たとえば、タンスの場合は『家具・大型家電品用』(ゆれピタチャンピオン Y-50C or ゆれピタ Y-50)を底面に貼り、また、セパレート箇所があれば、そこには『パソコン用』(ゆれピタ Y-40)をサンドイッチ状態で貼り付けます。
※ 例:3つにタンスが分かれるものは、(Y-50)×1セットと(Y-40)×2セットを使用します。
耐震マットの使用は何から優先すればよいですか?
1.食器棚
2.寝室の家具
3.子供部屋の家具
4.テレビ(ブラウン管式・液晶TV・プラズマTV)
5.パソコン(本体・モニター・プリンター・周辺機器)
6.タンスやローテーブルの上の人形ケースなど
7.冷蔵庫
8.電子レンジ&オーブン
9.洗濯機(防音対策として)
10.美術工芸品・ガラス細工などの小物
11.オーディオ機器(本体・スピーカー)
プレーヤーやスピーカーは音質の改善にもご利用いただけます。
12.e.t.c(ピアノは専用部品がございます)

■耐震マットのメリット
1. 対象物の底面に貼るだけで震度7にも耐える。
(素材自身が地震の振動の90%以上を吸収し尚且つ強力な粘着力で地震から家具の転倒を防ぎます)
2. 金具で固定したり棒で支えたりするのでないので見た目が良く今まで通りのオシャレな部屋を演出しながら震度7にも耐えられる。
3. はがしても跡が残らない。
4. フローリングも畳にも傷を付けずに貼れます。(絨毯は貼れません)
↑このページの先頭へ戻る
どのような物に貼り付ければよいのですか?
一般的には、タンスや本棚や食器棚などの大きい家具だけへの耐震をお考えの方が多いのですが、実はテレビや電子レンジなどの小さくて重いものが阪神大震災の際には5メートルも飛んだりしたので、それらにもご使用いただくことをオススメしております。
剥がし方を教えて欲しいです。
ゆっくり剥がすことが基本です。
(力任せに引き剥がすと粘着力で非着面をいためることになります。)
回転するだけで剥がせます。
重いものを設置している場合は、マットにマイナスドライバーのようなもので空気をいれて少しずつ剥がすとはがれます。
また有効なのは、水を流し込むと濡れている間は貼りつきませんので作業がしやすいです。
この商品は地震対策用としか使えないのですか?
地震対策以外にフローリングや畳を家具で傷つけないために使われたりもしています。
ずれ落ち防止・衝撃緩和・防盗用など目的に応じた使い方を工夫できます。
タンスの下が絨毯や畳なのですが設置は可能ですか?
畳には貼り付けられます。
絨毯は対象物の底面にあたる部分をカットしなければなりません。
(理由:絨毯は毛羽立っている為、空気が抜けず密着できないので)
↑このページの先頭へ戻る
設置後は触らない方がよいのですか?
重いものであれば1時間もあれば密着します。
ですが、一応1日ほど放置しておいたほうがよいでしょう。
工事などが必要でしょうか?
基本的に家具の下に貼るだけです。
ただし、対象物の底面がマットの面積より小さい場合は、対象物の面積を金具やイスキャップの様な物を使い固定をする必要があります。
例:キャスター付テレビ台、猫脚の家具etc
耐震マットを貼れば、震度7の地震が来ても絶対に家具は倒れないのですか?
それぞれ環境が違う(建物の構造上の問題や、耐荷重を超えていたり、掃除の際に水を含んでいたりそれぞれに、条件が異なります)ので、保障は一切できません。
しかし、実験上は震度7クラスでも倒れません。
地震対策用としては、貼るだけで誰にでもできる対策として、非常に有効な手段と考えられます。
是非、お使い頂くようお勧めします。
耐震マットは、『ドロドロに融けたり床にへばりついたりする』と聞きますが大丈夫ですか?
耐震マットゆれピタは、ウレタンエラストマーを素材として採用しています。
製品の良し悪しのポイントは、デュロメーター硬さと粘着性です。
品質に力を入れておりますので事故は一度も起こっていません。
定期的に劣化が無いか確認し、5年くらいを目処にお取り替えをお奨め致します。
耐震マット(ゆれピタ)の素材(ウレタンエラストマー)は軟らかくすれば粘着性は向上しますが耐久性が落ち分子結合が崩れ溶解します。理想は硬くて粘着性が高い事です。
↑このページの先頭へ戻る